1972年のブランド創立以来、山本耀司は、彼の哲学に基づいたその反骨精神により、ファッション界に革命をもたらし影響を与え続けています。 2015年のヨウジヤマモトのアイウェアコレクションは、『本質への統合』、『非対称』、『異素材との組み合わせ』、『伝統とモダンの融合』というヨウジヤマモトが持つデザインスタイルをインスピレーションにし、デザインされています。 当コレクションでは、さまざまな形のラウンドシェイプや、高く位置取られたヨロイを特徴とする一方、武骨さを感じるテンプルシェイプがデザイン全体を落ち着かせています。 ヨウジヤマモトアイウェアは、輝きの中に深みを感じさせています。